大地真央の旦那はデザイナーの森田恭通で年収は『億超え』のウワサ!2人は距離感が良すぎる素敵なパートナーだった!

※本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。
いつまでも美しく若々しいと噂される女優・大地真央さん。元「宝塚歌劇団」の月組トップスターとして活躍し、高い演技力と美貌で注目を集める女優。結婚した夫についても度々その姿が報道され、話題になっています。
今回は、大地真央さんとその旦那さんの素敵な日々についてまとめていきます。

ヒツジのロエンズ

結婚しとったんか!?
もう15年くらい経っとる

レッサーパンダのハイネ

旦那はデザイナーの森田恭通!

大地真央の旦那さんは森田恭通(やすみち)さん。2023年現在で大地真央さんより12歳年下の54歳。
画像参考:Instagram

ヒツジのロエンズ

会話の節々にジョークを挟んできそう
ん~・・わかるw

レッサーパンダのハイネ

2007年3月、再婚した際の会見で大地真央さん(以下・真央さん)は「彼との間に歳の差を感じたことがない。彼は人生経験も豊富で」と語るほど。
12歳も離れていると世代ギャップを感じるという話はよく聞きますが、そういったことはないというのは珍しい意見かもしれません。それとも、芸能界特有のものなのでしょうか?
画像参考:ORICON NEWS
2020年10月のインタビューで、真央さんは夫について「彼はすごく才能がある人で、男気があって、関西人らしく気さく。夫婦とも猫好き」と話しています。
画像参考:産経ニュース

ヒツジのロエンズ

ニャァ
なんでお世話になろうとした?

レッサーパンダのハイネ

旦那・森田恭通の職業はインテリアデザイナー!

森田恭通(以下、森田さん)は、デザイナーの中でも行動範囲がかなり大きな方。まさに世界をまたにかけて活躍するインテリアデザイナーといった評をされるほどの人物。
画像参考:LEON
1989年、八代学院大学(現・神戸国際大学)在学中に、神戸・三宮のバー「COOL」のインテリアを手掛けます。専門誌で脚光を浴びたことが、世間へのデビューのきっかけとなったそう。
画像参考:SUPER CEO
大学卒業後は大阪のデザイン会社(株)イマジンに就職して、チーフデザイナーとして活躍。
その後、1996年には森田恭通デザインオフィスを設立し、2000年6月にはGLAMOROUS Co., Ltdを設立。
画像参考:GLAMOROUS
翌2001年、香港にY.MORITA DESIDN(HK)LTD.を設立。これ以降はニューヨークやロンドン、香港、カタールなどで数々のホテルやレストランをデザイン。
画像参考:SUPER CEO
また、インテリアに限らず、グラフィックやプロダクトといった幅広い創作活動にも手を広げ、2015年からはアーティストとしてフランスのパリで写真展を継続的に開催。
また、2013年には伊勢丹新宿本館の全館のデザインを担当しました。
画像参考:Glamorous
2019年には東急プラザ渋谷の全フロアの商環境デザインを手掛けます。
画像参考:シブヤ経済新聞
27年前からの付き合いだというバルニバービ代表取締役会長の佐藤裕久さんは、森田さんについて「譲らない強さやこだわりがある。そのセンスや天才的なひらめきで、面白くてドキドキするものができる」と絶賛。
画像参考:Forbes Japan

ヒツジのロエンズ

とにかく色々やっとる
ざっくり

レッサーパンダのハイネ

年収も億を超えているという噂も。この経歴なら納得ですよね!

馴れ初めは食事会から

2人の出会いは、2006年12月で行われた8人ほどのグループの食事会だそう。
森田さんはもともと真央さんの大ファンだったそうで、食事会での出会いから3回目に会った際、結婚を前提としたお付き合いを申し込みました。大地は「お友達からなら」と返事し、交際がスタート。電話やメールで連絡をとりながら、少しずつ距離を縮めていったようです。
ちなみに森田さんが言うには、真央さんの雑誌のインタビューを読んで「理想の女性」だと強く感じ、そこから彼女のファンになったとのこと。
画像参考:産経ニュース
実は1日に5箱吸うほどのヘビースモーカーだったという森田さん。真央さんがタバコ嫌いだということを考慮して、半年かけて禁煙を成功させたというエピソードも。

ヒツジのロエンズ

やば、これかなり大変でしょ
愛のチカラや!

レッサーパンダのハイネ

結婚の決め手は「仕事は続けてもOK」

2020年10月のインタビューにて、森田さんは結婚の決め手となった理由について、結婚を申し込んだ際に「変わらず仕事は続けてほしい」と語ったことではないか、との談。確かに、これは『女優・大地真央』を最大限尊重した言葉だと思います。
画像参考:産経ニュース

ヒツジのロエンズ

続けていいよ、っていうことね
嬉しかったろうねぇ

レッサーパンダのハイネ

なお、プロポーズの言葉は「僕にはあなたを幸せにする使命がある」だったそう。
真央さんは50代での結婚ということで悩みつつも、ケジメをつけて責任を果たすべきという結論に至ったようですね。ケジメというあたり、古風と言うか、そういう世代・時代だったのだなと感じます。
画像参考:産経ニュース
また、互いの笑いのツボがあったことも結婚の決め手だと語っています。
画像参考:日刊スポーツ

夫婦生活は安定的

真央さんと森田さんの夫婦仲は今も良好。結婚記念日には必ずレストランで食事を行い、SNSで報告するほど。
2023年1月に友人を交えて正月の食事会を行い、豪華なおせち料理と共にうさぎの仮面をつけた森田さんとのツーショットをインスタグラムに投稿も。
ハッシュタグには「森田恭通」「作って食べる人」「大地真央」「食べる人」という言葉が並び、森田さんの手作り料理も多く紹介されています。
画像参考:Instagram
過去、いくつも同じように写真を撮影したものをアップされています。
2021年7月に、2人は14回目の結婚記念日にと、レストランでお祝いしている様子をに投稿。「感謝と尊敬の気持ちを持ちながら、明るく楽しく元気にこれからも」という思いが込められていました。
画像参考:Instagram
2022年3月にはTBSラジオに夫婦でゲストとして出演し、結婚して15年たっても慣れないこととして「今だに、家に大地真央がいるって思っちゃいます」と発言。
元々大ファンであっただけに、『大地真央』を尊敬する気持ちを持ち続けていることが分かります。
画像参考:TBSラジオ
5回目の結婚記念日を迎えたことをレストランの夜景と共に映るツーショットで報告した。「16年目も家族みんな健やかに」と綴りました。
2022年7月に、2人は15回目の結婚記念日を迎えます。その喜びをレストランの夜景と共に映るツーショットで報告し、「16年目も家族みんな健やかに」との思いを綴りました。
画像参考:Instagram
2022年8月、2人は8月22日の入籍記念日をお祝いしました。
夫婦がサメを持ったショットを報告し、記念日をとても大切にしている様子が伝わってきますね。
画像参考:Instagram
2022年の発言でも分かるように、森田さんは『家に帰ると“あの”大地真央がいる』とずっとファン心理を持ち続けていることは、夫婦円満のちょっとした秘訣なのかもしれません。
真央さんもそうした愛情を受けて、安心感を感じていることでしょう。本当に素敵な夫婦だと思います。

別居していても仲は良い

画像参考:TBS RADIO
少し前の遡った2017年7月、結婚してから10年が経った頃、『当初はラブラブだった2人に溝ができ、別居している』との噂が広まったことがあります。
この噂に対して森田さんは取材を受け、「自分は海外出張が多く、大地は舞台が多い。大地の生活リズムを尊重するために2、3年前から都内のアトリエと自宅を行ったり来たりしている」と回答。その上で「とはいえ彼女とは仲が良いので、変なふうに言われると困る」と発言も。

ヒツジのロエンズ

お互いに仕事あるし、バランスだな
このほうが上手くいくんやろねぇ

レッサーパンダのハイネ

画像参考:カナロコ
前述しましたが、夫婦は記念日や舞台終演後に食事に行くなど、現在も良好な関係を保っています。
お互いに適度な距離を持ち、新鮮な気持ちを大切にしていることが円満な夫婦の秘訣と言えるでしょう。

ヒツジのロエンズ

・・・
どした

レッサーパンダのハイネ

ヒツジのロエンズ

急に嫉妬が沸いてきたぞ
抑えて

レッサーパンダのハイネ

子供は考えていない

現在2人には子供はいません。
2007年3月の結婚会見で「お子さんの予定は?」と聞かれたこともありましたが、「お互いに作り出す作品が子供みたいなものと言っているので、考えていない」と回答しています。
また、同2007年7月のイベントに出席した真央さん、理想の家庭について聞かれると「お母さんにはならないと思う」と2人きりの夫婦生活を楽しんでいくことを明かしていました。かなり前から想定していなかったことが伺えます。
結婚時には真央さんがすでに50歳であったこともあり、元々子供は持たないと考えていたようです。
今後もお互い仕事に励みながら、夫婦として支え合っていくでしょう。

前旦那は松平健

ここからは余談ではありますが。。。
真央さんの最初の結婚相手は、俳優の松平健さんでした。
1987年3月の舞台「風と共に去りぬ」での共演をきっかけに交際をスタートし、1990年12月に結婚しました。
画像参考:Twitter
画像参考:フライデー
新婚旅行では札幌、香港、ヨーロッパ、アメリカ、ハワイと世界一周の旅に。
「一緒にいられることが嬉しい」と口を揃えるほどのラブラブぶりであったが、次第に不仲説が流れ始め、2003年12月離婚をしています。
離婚理由については多くを語っておらず、真央さんは「お互いに仕事を頑張りましょうと電話で話した」とそっけない別れだったそうです。
離婚後はそれぞれ再婚。お互いに幸せな夫婦生活を送っています。

ヒツジのロエンズ

ビッグカップルでも普通に離婚するんよな
合わなかったなら離れればいいんよ

レッサーパンダのハイネ

まとめ

画像参考:美st
以上、大地真央さんの旦那関連のエピソードについてまとめました。
この記事から分かったこと!
・大地真央の旦那はデザイナーの森田恭通!インテリアデザインに限らず、フォトやプロダクトといった幅広い創作活動にも手を広げており、世界的な評価を受けている。

・最初の出会いは2006年に行われた食事会。以降は3回ほど出会ってから森田から交際を申し込んだ。
お友達からスタートし、2020年に結婚。「仕事を続けてもいい」ことを条件にしたことが結婚の決め手と話している。
 ・お互い仕事のために違う拠点を持つことで適度な距離感を持っていることが奏してか、
現在も夫婦生活を円満に続けている。毎年結婚記念日にはレストランで祝い、SNSに投稿している。
・2人には子供はいない。結婚当時真央が50代のため、最初から子供は想定していないといった
インタビューの回答も。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP
error: Content is protected !!